>

データを残して修理するには?

修理業者で変わる!

スマホの画面が割れてしまったら、まず最初に自分の携帯のキャリアショップへ持って行くという方が多いのではないでしょうか。
確かに一番安心して頼ることができますが、ほとんどの場合初期化して修理されるというデメリットがあります。
いくらバックアップをしていても、できれば初期化は避けたいところですよね。

実は、初期化せずに修理を行ってくれるところがあるのです。
それは、キャリア以外のスマホ修理業者です。
民間の業者では、データのある内部には触れず修理をするため、修理後にデータが無くなっているということはありません。
データを残したまま修理を行いたい場合は、こういった業者を選びましょう。

データ復旧専門のメニューを用意しているところもあるので、色々見比べてみましょう。

データを残したままできる修理とは

いくら民間の業者がデータを残したまま修理できるとはいえ、どんな症状ならいいのか不安になりますよね。
ここでは、具体的な症状についてご紹介していきましょう。

例えば、画面が割れてしまった場合や、タッチしても反応がないという場合はよくあるケースです。
不注意のために落としてしまったなどで、こういった症状が現れた場合はとても不安ですよね。
タッチができないとなると、その場で修理前にバックアップとはいかないので不安です。
しかし、こういった症状であればまずデータを残したまま修理することが可能ですから安心してくださいね。

起動しなかったり、画面が固まったりしてしまっても、同様にデータを壊さずに修理することができます。


この記事をシェアする